中小企業のDX支援で、選ばれる会計事務所に
~いい税理士は知っているアカウントアグリゲーション入門~

お申し込みはこちら


2020年10月1日に電子帳簿保存法が改正・施行されたことにより、税務・会計業界において、DX(デジタルトランスフォーメーション)の推進が一層期待されるようになりました。

銀行口座やクレジットカードの取引明細を一括で取り込み、記帳を自動化して、会計業務を効率化していくことは当たり前のプロセスになっていきます。

実際にクラウド会計を利用する税理士様からの聞き取りによると、一ヶ月に発生する仕訳のうち、7割程度が自動取り込みで記帳可能ということがわかりました。

企業活動における日々の入出金データの自動取り込みを可能にすることで、日々の経理業務を効率化するのはもちろんのこと、リアルタイムにお金の動きや資産状況を把握することが可能となるため、経営の資金繰り面でも事前のリスクを回避するような発見があったり、現状把握に基づく中長期的で適切なアドバイスをタイムリーに行うことができるメリットなどがあります。

このような業務効率化と新たな付加価値提供を可能にするのは、「アカウントアグリゲーション」と「クラウド会計システム」です。

今回のウェビナーでは、税務・会計業界と中小企業が考えるべきDXとは何か、アカウントアグリゲーションの仕組みとそれを活用したクラウド会計で実現しているソリューションを詳しく解説します。

このような方におすすめです

< 会計システムを提供されている事業者様>

(例: 「会計/経理システムのアライアンス担当」「新規事業開発担当」「ITシステム担当」

  • 既存のシステムに入出金データの仕訳自動機能を追加したい 
  • 個人や企業の資産を一元管理できるサービスを提供したい
  • 経理財務に関する業務効率化を支援する新サービスを提供したい
  • 入出金データの取り込み、仕訳作業の人為的過誤や失敗の削減したい
  • 自社システムへ法人口座の入出金データを連携させたい 
  • 会社で利用する法人インターネットバンキングを一括管理したい

<顧問先のDXを推進している税理士・会計士>

  • 顧問先へDXを推進していきたいが、何から手を付けるべきか迷っている
  • これからDX推進するにあたり、仕訳自動機能について詳しく知りたい
  • DX推進に取り組んでいるが、イマイチ成果が実感できていない
  • 業務改善ニーズのある顧問先に役立つ情報を提供したい
  • 顧問先のDX推進により他の事務所との差別化を図りたい

セミナー概要

日時:2021年5月26日(水)14:00〜15:00

開催場所:オンライン(Zoom。お申込み後視聴用URLをお送りいたします)

参加費:無料

主なプログラム

  • イベント主旨のご説明
  • 会社紹介
  • 会計事務所・中小企業が考えるべきDXとは:DXの背景
  • 業務効率化のためのデータ連携の仕組み:金融API自動連携の仕組み 
  • Moneytree LINKを活用しているA-SaaSとは
  • A -SaaSの連携デモ
  • まとめ

登壇者紹介

マネーツリー株式会社
山口賢造
ビジネスディベロップメント ディレクター

外資系IT企業でのセールスコンサルタントとして従事後、アプリ制作会社にてプロジェクトマネジャーとしてアプリ開発に携わる。

その後、ソフトウェアデザイン会社を起業を経て、マネーツリーに創業時より参画。現職では、市場動向やニーズの把握、金融データプラットフォーム「Moneytree LINK」の市場浸透に従事。


Mikatus株式会社
岩原 巧
マーケティンググループ マネジャー

事業会社での経理業務を経験した後、業績に直結する仕事に携わりたいとの想いから、2017年Mikatus株式会社に入社。
営業を経てマーケティンググループに所属し、セミナー企画運営を担当。

※ オンラインでの開催ですので、会社や自宅のパソコンやモバイルからご自由にご参加いただけます

※ 同業他社および当社の競合企業にあたる企業の方のお申し込みは、ご遠慮いただく場合がございます。

参加申込みフォーム

税理士様・会計士様のお申込みは MikatusのWebページからお願いします。