ニュースルーム
/
プレスリリース

マネーツリー、ソニー銀行の個人向け金融アドバイスアプリ 「Monedge」と連携

2021
03
30

〜個人資産管理に加え、ライフプランもサポート~

マネーツリー株式会社(本社:東京都港区、代表取締役:ポール チャップマン、以下「当社」)は、ソニー銀行株式会社(本店:東京都千代田区、代表取締役社長:住本 雄一郎)が2021年3月30日より提供開始のスマートフォン向けアプリ「Monedge(マネッジ)」に、当社の金融データプラットフォーム「Moneytree LINK」が採用されたことをご報告します。

Moneytree LINK | Sony Bank

今回の連携により、日本ユニシス株式会社(本社:東京都江東区、代表取締役社長 平岡 昭良、以下「日本ユニシス」)が提供する個人資産管理サービス「Fortune Pocket®」※ をベースとした金融アドバイスアプリ「Monedge」では、複数の金融機関で保有する資産情報を一元化することで、より容易に資産管理を行うことができます。※ Fortune Pocketは、日本ユニシス株式会社の登録商標です。

また、バランスシートに加えて、支出管理やアドバイスなどの機能の他、ライフプランもサポートする次世代個人向け金融アドバイスアプリです。お客さまは、住宅購入や海外旅行など長い人生の中で実現したい目標や夢を「Monedge」に登録することで、その実現に必要な費用を算出し、毎月の貯蓄可能額や想定運用利回りなどをもとに、定年時点の資産額と生涯最終資産残高をシミュレーションすることができます。

ソニー銀行、金融アドバイスアプリ「Monedge」 UI イメージ

「Moneytree LINK」は、どのようなアプリのインターフェイスにも柔軟に対応できることや、セキュリティやプライバシーに配慮したサービスであることなどが評価され、金融機関での採用が拡大しています。今後も、優れたデジタル体験を提供し、金融機関の重要課題であるデジタル戦略の推進とお客さまの資産形成に貢献してまいります。


Monedgeについて

Monedgeには、ライフプランや支出管理に役立つ情報を紹介するアドバイスの提供機能や、総資産の変動が一目でわかるバランスシート表示機能、毎月の節約をサポートする支出管理機能などがあり、お客さまの豊かな100年人生の実現をサポート。本アプリは、GooglePlay もしくはApp Store より無料でダウンロードしご利用いただけます。ソニー銀行に口座をお持ちでないかたもお使いいただけます。

ウェブサイト: https://moneykit.net/lp/app/monedge/


PDF版のダウンロード

Share this article

マネーツリーについて

2012年に日本で創業。金融データプラットフォーム「Moneytree LINK®︎」をベースに、個人向け資産管理サービス「Moneytree®︎」および、企業向けにデータ連携サービスを提供しています。国内において、金融・会計業界の標準APIとして認知され、人々に信頼されるデータプラットフォームの構築を目指しています。米国セールスフォース・ドットコム、三大メガバンク系ファンド、SBIインベストメント、地域金融機関系ベンチャーキャピタル、フィデリティー・インターナショナルなど海外大手運用会社から出資を受けています。

金融データプラットフォーム「Moneytree LINK」について

Moneytree LINKは、国内2,700社以上の銀行口座、クレジットカード、電子マネー、マイル・ポイントカード、証券口座の金融データを集約するAPIを提供しています。マネーツリーのコアバリューはサービスにおける業界最高水準のセキュリティ、プライバシー保護、透明性の実現。Moneytree LINKは金融業界を中心に、新しい価値を提供する中立性の高い金融インフラプラットフォームとして認知され、現在、みずほ銀行、三井住友銀行、弥生、TKC、地方銀行、信用金庫など合計70社以上に採用されています。

会社概要

会社名:マネーツリー株式会社
代表取締役:ポール チャップマン
資本金:17億円 資本準備金含む(2020年12月時点)
設立日:2012年4月23日
ウェブサイト:getmoneytree.com

本件に関するお問い合わせ

マネーツリー株式会社 広報窓口までご連絡ください