ニュースルーム
/
プレスリリース

マネーツリーの金融データプラットフォーム、 アプラスの金融サービスと連携

2021
09
02

マネーツリー株式会社(本社:東京都港区、代表取締役:ポール チャップマン、以下 マネーツリー)は、新生銀行グループの株式会社アプラス(東京本部:東京都千代田区、代表取締役社長:清水 哲朗、以下アプラス)が提供する金融サービスに、マネーツリーの金融データプラットフォーム「Moneytree LINK」が採用、連携開始いたしましたことをお知らせします。


アプラスは、USEN-NEXT GROUPの株式会社USEN-NEXT フィナンシャル(本社:東京都品川区、代表取締役:奥田 正一)が提供するUSEN-NEXTデータ・レンディングを与信審査等の金融面からサポートしています。USEN-NEXTデータ・レンディングは、USEN-NEXT GROUPのお客様に対し提供するオンラインの事業性融資商品です。今回、「Moneytree LINK」との連携により、インターネットバンキングやクラウド会計などの外部データを集約・解析することで、スピーディな与信判定の実行を可能にしました。また、この仕組みでは、クレジットエンジン株式会社(東京都港区、代表取締役:内山 誓一郎)のオンラインレンディングの技術も活用されています。


「Moneytree LINK」は、どのようなアプリのインターフェイスにも柔軟に対応できることや、セキュリティやプライバシーに配慮したサービスであることなどが評価され、金融機関をはじめとした様々な業種での採用が拡大しています。また、オンラインレンディングサービスはフィンテックの領域の中でも注目が集まっている分野です。今後も金融データプラットフォーマーとして融資分野の活性化に貢献してまいります。


PDF版のダウンロード

Share this article

マネーツリーについて

2012年に日本で創業。金融データプラットフォーム「Moneytree LINK®︎」をベースに、個人向け資産管理サービス「Moneytree®︎」および企業向けにデータ連携サービスを提供しています。国内において、金融・会計業界の標準APIとして認知され、人々に信頼されるデータプラットフォームの構築を目指しています。米国セールスフォース・ドットコム、三大メガバンク系ファンド、SBIインベストメント、地域金融機関系ベンチャーキャピタル、フィデリティー・インターナショナルなど海外大手運用会社から出資を受けています。

金融データプラットフォーム「Moneytree LINK」について

Moneytree LINKは、2,500以上の銀行口座、クレジットカード、電子マネー、ポイント・マイル、証券口座の金融データを集約するAPIを提供しています。マネーツリーのコアバリューはサービスにおける業界最高水準のセキュリティ、プライバシー保護、透明性の実現。Moneytree LINKは金融業界を中心に、新しい価値を提供する中立性の高い金融データプラットフォームとして認知され、現在、みずほ銀行、三井住友銀行、弥生、TKC、地方銀行、信用金庫など合計70社以上に採用されています。

会社概要

会社名:マネーツリー株式会社
代表取締役:ポール チャップマン
資本金:33億円 資本準備金含む(2021年3月末時点)
設立日:2012年4月23日
ウェブサイト:getmoneytree.com

本件に関するお問い合わせ

マネーツリー株式会社 広報窓口までご連絡ください