ニュースルーム
/
プレスリリース

家計簿アプリ3社、新成人に向けた金融オンラインイベントを3月17日(木)に開催 〜「18歳で知っておいて欲しい、あなたが出来ること、世界のこと、お金のこと」〜

2022
03
03

マネーツリー株式会社(本社:東京都港区、代表取締役:ポール チャップマン、以下 当社)と、株式会社マネーフォワード(本社:東京都港区、代表取締役社長CEO: 辻庸介、以下「マネーフォワード」)、株式会社Zaim(本社:東京都港区、代表取締役:閑歳 孝子、以下「Zaim」)は、これから成人を迎える方に向け、今後の人生に希望をもって歩んでもらうための金融オンラインイベント「18歳で知っておいて欲しい、あなたが出来ること、世界のこと、お金のこと」を2022年3月17日(木)に開催します。


■開催背景について

 2022年4月1日に施行される民法の一部改正に伴う成年年齢の引き下げにより、日本における成年年齢はこれまでの20歳から18歳へと変わります。また、2022年度から施行される新学習指導要領では、高校の家庭科で「資産形成」に関する授業が導入されます。

 しかし、ソニー生命保険株式会社が2021年10月に実施した『成年年齢の引き下げに関する意識調査』※1 によると、当事者の約55%が「(成年になるには)早すぎる」と回答し、不安に感じることとして「自覚がないまま大人になること」「クレジットカードでの高額な買い物」などが挙がっています。少子高齢化に伴う人口減少やDXの浸透などにより急速に変化する社会のなかで、日本の未来を担う世代が自らの将来を切り開いていくためには、金融リテラシーのさらなる向上が求められている一方で、「18歳から大人」という扱いを受けることに戸惑いを覚えている方が多いのも事実です。

 そこでこの度、資産形成サービスを提供するマネーツリーならびに家計簿アプリを提供しているマネーフォワード、Zaimの3社は、こうした悩みや不安に寄り添い、お金について考える機会が増えるこのタイミングで、成人を迎える皆さまが希望をもって人生を前に進められるようなイベントの開催を決定いたしました。

 なお、本イベントは、3月21日(月)〜27日(日)に開催される金融教育の国際的啓発活動である「Global Money Week」に向けて、一般社団法人電子決済等代行事業者協会の会員として賛同する形で実施いたします。


※1:出展 ソニー生命保険株式会社『成年年齢の引き下げに関する意識調査』より

https://www.sonylife.co.jp/company/news/2021/nr_211129.html#sec3


■オンラインイベント概要

タイトル  :「18歳で知っておいて欲しい、あなたが出来ること、世界のこと、お金のこと」

日時    :2022年3月17日(木)16:30〜18:00

方法    :オンライン(Zoomミーティング)

対象者   :2022年4月2日~2023年4月1日に成年を迎える方※2

参加費   :無料・事前申込制(ご参加のための抽選等はございません。)

申し込み :以下のフォームより必要事項をご明記の上、お申込みください。

https://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLScF8oOx1CKDuX9zEGyxncvLeuglI_KNT_mSJ_vnmyVZ_Q-uhw/viewform?usp=sf_link


内容・登壇者 :株式会社Zaim 代表取締役 閑歳 孝子

「18歳のあなたが出来ること」

成年だからこそチャレンジできる可能性の広がりやそれに伴う責任、そして一人ひと りのキャリアに対する考え方


マネーツリー株式会社 代表取締役 ポール チャップマン

「18歳のあなたと世界のこと」

18歳で成年になる国が多い中で、海外の18歳はどのように考え、何が出来るのか

 

株式会社マネーフォワード 執行役員CoPA※3 兼 Fintech研究所長 瀧 俊雄

「18歳のあなたとお金のこと」

成年になるにあたり知っておいて欲しいお金の概念や管理方法、株や投資にまつわる 基本


※2:上記以外でも、本テーマに関心のある方はご参加いただけます。

※3:Chief of Public Affairs


■「Global Money Week」について

 「Global Money Week」は、2012年から始まった子供・若者の金融教育・金融包摂の推進のための国際的啓発活動です。2020年から経済協力開発機構(OECD)に事務局を置く「金融教育に関する国際ネットワーク(INFE)」の主催となり、2022年3月21日(月)~3月27日(日)までの1週間、世界各国の様々な団体が子供・若者向けの金融教育を推進するイベントや情報発信を行います。

本リリースは、3社から配信されるため重複して受信される場合がありますが、予めご了承ください。


株式会社マネーフォワードについて

お金の見える化サービス『マネーフォワード ME』の他、バックオフィスSaaS『マネーフォワード クラウド』を運営する。

ウェブサイト:https://corp.moneyforward.com/

株式会社Zaimについて

オンライン家計簿サービス『Zaim』においてレシート撮影や銀行・カードと連携し自動的に入力できる家計の管理機能のほか、個人のお金にまつわるサービスを幅広く展開している。また、購買データ分析ツール「Zaim トレンド」を運営する。

ウェブサイト: https://zaim.co.jp/

 

*記載されている会社名および商品・製品・サービス名(ロゴマーク等を含む)は、各社の商標または各権利者の登録商標です。



PDF版のダウンロード

Share this article

マネーツリーについて

2012年に日本で創業。金融データプラットフォーム「Moneytree LINK®︎」をベースに、個人向け資産管理サービス「Moneytree®︎」および企業向けにデータ連携サービスを提供しています。国内において、金融・会計業界の標準APIとして認知され、人々に信頼されるデータプラットフォームの構築を目指しています。米国セールスフォース・ドットコム、三大メガバンク系ファンド、SBIインベストメント、地域金融機関系ベンチャーキャピタル、フィデリティー・インターナショナルなど海外大手運用会社から出資を受けています。

金融データプラットフォーム「Moneytree LINK」について

Moneytree LINKは、2,500以上の銀行口座、クレジットカード、電子マネー、ポイント・マイル、証券口座の金融データを集約するAPIを提供しています。マネーツリーのコアバリューはサービスにおける業界最高水準のセキュリティ、プライバシー保護、透明性の実現。Moneytree LINKは金融業界を中心に、新しい価値を提供する中立性の高い金融データプラットフォームとして認知され、現在、みずほ銀行、三井住友銀行、弥生、TKC、地方銀行、信用金庫など合計70社以上に採用されています。

会社概要

会社名:マネーツリー株式会社
代表取締役:ポール チャップマン
資本金:33億円 資本準備金含む(2021年3月末時点)
設立日:2012年4月23日
ウェブサイト:getmoneytree.com

本件に関するお問い合わせ

マネーツリー株式会社 広報窓口までご連絡ください