ニュースルーム
/
プレスリリース

個人資産管理サービス「Moneytree」、iOS 13対応バージョンを即日リリース

2019
09
20

~Siriでの対話型現金支出記録やキャッシュレス度診断で
キャッシュレス化への自然な移行を促進~

マネーツリー株式会社(本社:東京都港区、代表取締役:ポール チャップマン、以下「当社」)は、個人資産管理サービス「Moneytree」を、9月20日(日本時間)に発表されたiOS 13に初日対応しましたことをご報告いたします。

PressRelease iOS13


今月末リリースのiOS 13.1では、Siriで対話型の音声操作が可能になり、MoneytreeでもSiriショートカットによる音声での現金支出記録機能を搭載する予定です。これにより、今まで手入力で行っていた作業をSiriに話しかけるだけで簡単に完結できるため、よりいっそう現金支出の記録漏れなどを防ぐことができます。また、2019年9月にリリースした新サービス「Moneytree Grow™」のカテゴリ別予算設定機能や、レポーティング機能と併せて使用することにより、現金とキャッシュレス双方の支出管理をより円滑にすることが可能です。

また、今年10月からの消費税率の引き上げに伴い、キャッシュレス決済を対象にポイント還元を行うなど、2025年までにキャッシュレス決済比率を現状の倍である約40%まで引き上げることを目標とした様々な施策が、経済産業省主導で打ち出されています。

この流れを受け当社では、自身のキャッシュレス度を診断するツールをリリースいたしました。Moneytreeアカウントを利用して、前月の総支出額に対するATMでの現金引き出し額の割合から結果を算出し、5段階でキャッシュレスレベルを表示、SNSでシェアすることが可能です。

GoCashless 1920x600


当社では、この診断結果を目安としMoneytreeで現金とキャッシュレスの支出をシームレスに管理していくことで、家計のキャッシュレス化へのスムーズな移行と包括的な家計管理を実現することを期待しております。

PDF版のダウンロード

Share this article

マネーツリーについて

2012年に日本で創業し、2013年より金融資産を一元管理できる個人資産管理サービス「Moneytree」を提供しています。2015年より企業向けの金融データプラットフォーム「Moneytree LINK」の提供を開始し、金融・会計業界の標準APIとして認知され、2017年にはオーストラリア市場へ進出しました。米国セールスフォース・ドットコム、三大メガバンク系ファンド、SBIインベストメント、地域金融機関系ベンチャーキャピタル、海外大手運用会社から出資を受けています。人々に信頼されるデータプラットフォームの構築を目指しています。

金融データプラットフォーム「Moneytree LINK」について

Moneytree LINKは、国内2,700社以上の銀行口座、クレジットカード、電子マネー、マイル・ポイントカード、証券口座の金融データを集約するAPIを提供しています。マネーツリーのコアバリューはサービスにおける業界最高水準のセキュリティ、プライバシー保護、透明性の実現。Moneytree LINKは金融業界を中心に、新しい価値を提供する中立性の高い金融インフラプラットフォームとして認知され、現在、みずほ銀行、三井住友銀行、弥生、TKC、地方銀行、信用金庫など合計60社以上に採用されています。

会社概要

会社名:マネーツリー株式会社
代表取締役:ポール チャップマン
資本金:25.6億(資本準備金含む) 2020年4月時点
設立日:2012年4月23日
ウェブサイト:getmoneytree.com

本件に関するお問い合わせ

マネーツリー株式会社 広報窓口までご連絡ください