ニュースルーム
/
プレスリリース

マネーツリーの2019年を振り返る

2019
12
25

マネーツリーの2019年を振り返る

〜海外でMT LINKが採用され、提携先が57社に〜

マネーツリー株式会社(本社:東京都港区、代表取締役:ポール チャップマン、以下「当社」)は2019年で創業より8年を迎えました。日本の事業拡大のみならず海外展開の足がかりともなった、この1年の成長についてご報告します。

2019 MT LINK 1600x920



企業向け金融インフラプラットフォーム「MT LINK」の提携社数が57社に

日本政府主導でオープンバンキングの取り組みが進んだ2019年、MT LINKの確固たるプライバシー・セキュリティーの取り組みのもと、今年は三井住友銀行の「三井住友銀行アプリ」や三井住友カードの「Vpassアプリ」をはじめとした合計12社に新規採用され、これまでの累計提携社数が57社となりました。

2019 MT LINK 1920x600



サービスを拡充し、アプリの設計やUI/UXの監修も

2019年3月、三菱UFJ信託銀行株式会社が提供を開始した「代理出金機能付信託(つかえて安心)」の専用スマートフォンアプリ(以下「専用アプリ」)の開発において、アプリの設計およびUI(操作性)/UX(ユーザーのサービス体験)の監修を行いました。人生100年時代が到来し、いつまでも老年層が自分らしく安心してお金を使い続けるための施策が問われる中、当社が提供してきたサービスのシンプルな操作性やデザイン、アプリの安全性を重視した設計手法などを活かし、その解決策とも言える信託商品の専用アプリの設計監修に携わったことは、今後のサービス拡充の糧となりました。

リーダーシップの拡充によりコーポレート・ガバナンスを強化、従業員数も約2倍に

4月には最高営業責任者(CSO)として元ブルームバーグ エンタープライズ・データ・ソリューションズ 日本代表の宮上 大造、9月には最高情報セキュリティー責任者(CISO)として元AWS, Office of the CISO Japan(OCISO日本代表)の梅谷 晃宏、10月には社外取締役として元McKinsey & Company シニアパートナーのタブ バワーズをリーダーシップチームに迎え、経営体制の強化を図りました。また従業員数も増え、現在オーストラリア子会社も含め27カ国籍、約100名のメンバーが当社で働いています。

海外展開へ、道が大きく開けた1年

海外初となるMT LINK連携企業がオーストラリアで誕生しました。従業員向け選択型ファンドサービスをオーストラリアで提供するRollit Wealthは、様々なアカウントを接続して同サービス内で一元管理できる機能がユーザーにメリットをもたらすことに加え、同社がもつプライバシー厳守のポリシーが当社と一致したため、「MT LINK」との連携を開始しました。
また、来年2月に施行を控えているオーストラリアのオープンバンキングにあたり、主要4銀行と共に政府主導で行われているデータテストのテスターとして当社の子会社であるマネーツリーファイナンシャルテクノロジー株式会社が選出され、現在もオーストラリアのオープンバンキングの基礎を築く活動を継続しています。
さらに、10月には駐日英国大使館 国際通商部およびスコットランド国際開発庁が、グローバルなサービスを提供する日本のフィンテック企業を対象に審査を行った「Future of Financial Services Award」を受賞するなど、海外展開へ道がより開けた1年となりました。

カテゴリ別の予算設定やデータ出力が可能な「Moneytree Grow」で家計管理がより便利に

個人資産管理サービス「Moneytree」の新たなサブスクリプションとして「Moneytree Grow」(月額360円、年額3,600円)をiOS向けにリリースしました。カテゴリ別に自由に予算を設定し、支出が予算に近づく、または到達すると通知を受けるなど、今まで提供してきた無料版と比べ、より各個人のニーズに寄り添った資産管理が可能となりました。



当社は、来年もさらなる飛躍の年となるよう、市場の成長とともに事業の拡大に尽力してまいります。最後に、当社代表取締役 ポール チャップマンをはじめ、マネーツリースタッフより2019年のレビューと年末のご挨拶をビデオにまとめました。
ぜひご覧ください。
2019 Moneytree Highlight - Moneytree

PDF版のダウンロード

Share this article

マネーツリーについて

2012年に日本で創業。金融データプラットフォーム「Moneytree LINK®︎」をベースに、個人資産管理サービス「Moneytree®︎」および、企業向けにデータ連携サービスを提供しています。国内では現在、金融・会計業界の標準APIとして認知され、2017年にはオーストラリア市場へ進出し、国内外で人々に信頼されるデータプラットフォームの構築を目指しています。フィデリティー・インターナショナル、米国セールスフォース・ドットコム、三大メガバンク系ファンド、SBIインベストメント、地域金融機関系ベンチャーキャピタル、海外大手運用会社から出資を受けています。

金融データプラットフォーム「Moneytree LINK」について

Moneytree LINKは、国内2,700社以上の銀行口座、クレジットカード、電子マネー、マイル・ポイントカード、証券口座の金融データを集約するAPIを提供しています。マネーツリーのコアバリューはサービスにおける業界最高水準のセキュリティ、プライバシー保護、透明性の実現。Moneytree LINKは金融業界を中心に、新しい価値を提供する中立性の高い金融インフラプラットフォームとして認知され、現在、みずほ銀行、三井住友銀行、弥生、TKC、地方銀行、信用金庫など合計60社以上に採用されています。

会社概要

会社名:マネーツリー株式会社
代表取締役:ポール チャップマン
資本金:25.6億(資本準備金含む) 2020年4月時点
設立日:2012年4月23日
ウェブサイト:getmoneytree.com

本件に関するお問い合わせ

マネーツリー株式会社 広報窓口までご連絡ください