ニュースルーム
/
プレスリリース

北海道銀行がマネーツリーの金融インフラサービス「MT LINK」とAPI連携を開始

2018
02
21

北海道銀行がマネーツリーの金融インフラサービス「MT LINK」とAPI連携を開始
「どうぎんアプリ」で一生通帳の利用が可能に

マネーツリー株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役:ポール チャップマン、以下「マネーツリー」)の金融インフラプラットフォーム「MT LINK」が、株式会社 北海道銀行(頭取:笹原 晶博、以下「北海道銀行」)の「どうぎんアプリ」で採⽤されましたことをご報告いたします。

「どうぎんアプリ」とMT LINKの連携により、2018年2月21日にバージョンアップされる北海道銀行の「どうぎんアプリ」に「一生通帳 by Moneytree」の機能が導入されます。「どうぎんアプリ」のご利用者は、「一生通帳 by Moneytree」の機能によって北海道銀行の口座情報および他銀行の口座、クレジットカード、電子マネー、マイル・ポイントの情報が閲覧可能となります(注)。なお、北海道銀行の情報は、銀行APIを用いて提供されます。

(イメージ図)

MT LINKは金融インフラプラットフォームとして金融業界を中心に利用されているAPIです。既存のアプリとの連携により、ご利用者のニーズに合わせた機能の表示が可能であること、セキュリティに配慮したサービスであることなどが評価され、金融機関での採用が拡大しています。また、Moneytreeアプリはプライバシーの側面にも配慮しています。利用者は、アプリと同じアカウント情報で、MT LINKを導入しているサービスに利用者の同意の下、自身の情報を連携しアクセスすることが可能となる点において、両者のサービスを利用する上でも利便性の高い仕組みになっています。

マネーツリーのMT LINKは、セキュリティ、プライバシー、透明性を基盤に、今後もみなさまの資産形成に役立つサービスを提供いたします。

(注)MT LINKを介して北海道銀行のインターネットバンキング「道銀ダイレクトサービス」へアクセスすることで、「どうぎんアプリ」内で閲覧可能となります。また、道銀ダイレクトサービスは申込手続が必要です。

「どうぎんアプリ」について
北海道銀行が提供するスマートフォン向けアプリ。従来の口座残高・入出金明細照会などを搭載した「どうぎんアプリ」のバージョンアップに伴い「一生通帳 by Moneytree」機能などが追加。

PDF版のダウンロード

Share this article

マネーツリーについて

2012年に日本で創業。金融データプラットフォーム「Moneytree LINK®︎」をベースに、個人資産管理サービス「Moneytree®︎」および、企業向けにデータ連携サービスを提供しています。国内では現在、金融・会計業界の標準APIとして認知され、2017年にはオーストラリア市場へ進出し、国内外で人々に信頼されるデータプラットフォームの構築を目指しています。フィデリティー・インターナショナル、米国セールスフォース・ドットコム、三大メガバンク系ファンド、SBIインベストメント、地域金融機関系ベンチャーキャピタル、海外大手運用会社から出資を受けています。

金融データプラットフォーム「Moneytree LINK」について

Moneytree LINKは、国内2,700社以上の銀行口座、クレジットカード、電子マネー、マイル・ポイントカード、証券口座の金融データを集約するAPIを提供しています。マネーツリーのコアバリューはサービスにおける業界最高水準のセキュリティ、プライバシー保護、透明性の実現。Moneytree LINKは金融業界を中心に、新しい価値を提供する中立性の高い金融インフラプラットフォームとして認知され、現在、みずほ銀行、三井住友銀行、弥生、TKC、地方銀行、信用金庫など合計60社以上に採用されています。

会社概要

会社名:マネーツリー株式会社
代表取締役:ポール チャップマン
資本金:25.6億(資本準備金含む) 2020年4月時点
設立日:2012年4月23日
ウェブサイト:getmoneytree.com

本件に関するお問い合わせ

マネーツリー株式会社 広報窓口までご連絡ください