ブログ
/
Moneytreeがもっと自由自財に! 待望のウェブバージョンを発表
マネーツリーを知る

Moneytreeがもっと自由自財に! 待望のウェブバージョンを発表

マネーツリー編集部
2015
12
15

12月15日、マネーツリー株式会社(本社:東京都渋谷区神宮前)は「Moneytree」のウェブバージョンをリリースしたことをご報告します。

今年こそ続ける家計簿へ

年末年始には様々な行事が続きます。特に、お金の出入りも多くなるこの時期に、年始から家計簿を始めるには良いタイミングでしょう。ただし、日ごとに記入の手間が増えていくようでは、せっかく始めた家計簿も続きません。しかし、資産管理アプリ「Moneytree」は、初回の登録さえすれば、多くの人が継続しているという驚きの実績があります。これまで、家計簿は続かないとあきらめていた方こそ、年末年始のやる気を活かして、 このウェブバージョンから始めてみてはいかがでしょう。<!--more-->

Moneytreeの無料版は、他の有料版

他社のサービスで提供されている多くの有料機能は、Moneytreeでは無料で提供されています。これまで、iOSのみでサービスを展開してきましたが、これまで培ってきた多くの知見をウェブバージョンに搭載し、以下の内容でサービス提供を開始します。

もちろん、iOSで提供してるサービスは、ウェブバージョンでも利用可能です。今回提供されるサービスは、下記の通りです。

ウェブバージョンの新機能

経費精算機能では、大量の領収書を処理したい場合、まとめてドラッグ&ドロップするだけで完了します。自宅、オフィスでの作業効率が圧倒的に飛躍します。 また、資産管理サービスでは初めて、チャットサービスを開始します。使用方法や不明な点など、営業時間内であれば、その場でサポートしてくれる機能で、安心して利用できるでしょう。

ウェブバージョンのURL

https://www.moneytree.jp/app

対応ブラウザー

Safari Google Chrome Internet Explorer 11 Firefox

筆者プロフィール

マネーツリー編集部

2012年に日本で起業。2013年より自動で一括管理する個人資産管理サービス「Moneytree」を提供し、AppleのBest of 2013、Best of 2014を2年連続で受賞。2015年より金融データプラットフォーム「Moneytree LINK」を企業向けに開始し、業界標準の金融系APIを提供している。2017年よりオーストラリア市場でサービスを開始。創業当初よりSalesforce Ventures、SBIインベストメント、三大メガバンク系ファンド、地方銀行系ベンチャーキャピタル、海外大手運用会社から出資を受ける。お金にまつわるもっとも信頼されるプラットフォームの構築を目指す。

この記事をシェアする

Get the Moneytree app
ポイントも電子マネーもまとめて管理
さっそくMoneytreeを試してみよう

自分に合った資産管理をMoneytreeで見つけよう

関連記事