導入事例
/
カード

アプリストアで高評価、三井住友カード「Vpassアプリ」の使い勝手へのこだわり

三井住友カード
マーケティング本部 IT戦略部 部長代理 大埜 喬 氏
マーケティング本部 IT戦略部 グループマネージャー 平野 大介 氏
マーケティング本部 商品企画開発部 グループマネージャー 鳥生 拓也 氏
2019
12
09
この事例で使用されている金融サービス:
銀行口座(個人)
銀行口座(個人)
銀行口座(法人)
銀行口座(法人)
住宅ローン
住宅ローン
証券口座
証券口座
クレジットカード
クレジットカード
電子マネー
電子マネー
ポイントカード
ポイントカード
生命保険
生命保険
確定拠出年金
確定拠出年金

2019年3月、三井住友カードは会員向けスマホアプリ「Vpassアプリ」のリニューアルを実施した。リニューアルではMoneytreeが提供するMoneytree LINKとの連携により、家計管理機能を追加している。リニューアル後、アプリの使いやすさが評価され、Appleのアプリストアで4.5と高評価を得ている(記事執筆時点での評価)。今回、三井住友カードマーケティング本部の大埜喬氏、平野大介氏、鳥生拓也氏にアプリのリニューアルのポイントについて話を聞いた。      

       

見たい情報がすぐに見れる、シンプルなアプリ

SMBCグループはグループ戦略として、顧客セグメントごとにグループ内の会社を横断して連携していくことを掲げています。キャッシュレスのプロジェクトではこの方針のもと、三井住友銀行と密に連携していて、アプリの開発においても協力しています。

アプリのコンセプトとして「シンプルに見たい情報がすぐに見られる」を目指して作っています。例えば、ログイン直後のファーストビューでは、お客さまは「ご利用明細を見たいのだろう」とか「ポイントを確認したいのだろう」などと考えて、導線をスムーズにするなどの工夫をしています。また、カードの利用明細は最も閲覧されるコンテンツなので、そこに何を表示するか、関連するメニューをどこに配置するかも時間をかけて設計しました。

アプリ開発は、われわれもベンダーの開発拠点に赴いて、半常駐のような形で取り組みました。アプリを実際に作っているベンダーの方々はわれわれよりもアプリに詳しく優秀な方ばかりですので、こちらからユーザー目線のリクエストは出しつつも、開発者目線の意見も吸収しながら進められたのが良かったのではないかと思っています。こうして取り組んできたかいもあり、アプリストアでお客さまから高い評価をいただいていることは素直にうれしいです。現在も週2回は膝を突き合わせて、密にコミュニケーションを取りながらアップデートを進めています。

Sumitomo Mitsui Card interview for MT LINK 1360 x 920-1

Moneytree LINK導入で、他行の口座残高まで表示可能に              

お客さまは当社のカードだけでなく、色々なカードを使い分けています。それらのカードの明細を一つのアプリに集約して家計管理ができたら、アプリの利用頻度も上がるのではないかと考えたのがMoneytree LINKを導入した理由の一つです。

また、アプリでカードの支払い金額を見たあと、次にお客さまが気になるのは、「口座引き落としは大丈夫かな」という点ではないでしょうか。そこでアプリのファーストビューでカードの支払い金額と口座の残高が確認できれば安心できるだろうという発想のもと、そこに口座残高を表示しています。

三井住友銀行との連携は当然できますが、アプリをご利用いただいている方のうち、同行を引き落とし口座に設定しているのは3~4割程です。残りの6~7割の方は当然ながら他行ということになります。他行すべてと個別に連携するのは手間やコストを考えると非常に難しいのですが、Moneytree LINK経由であれば、取得した他行の口座残高をトップ画面に表示できるということで、MT LINKの導入を決めました。

今後はMoneytree LINKのデータを活かして家計管理機能を更にレベルアップしていきたいと考えています。

             

「お客さまの声」を随時反映していく

お客さまからのフィードバックをいただいて、アプリは随時アップデートしています。アプリ内に「お客さまの声」を集めるメニューを設置し、担当者に直接メールが届くようになっていますので、「こういう要望多いよね」というところを改定版で実現したり、細かくデザインを変えたりしています。これは今後も継続していきたいと思っています。
こうした改良によってコールセンターへの問い合わせ削減にも繋がりますし、お客さまの満足度がより高まり、会社にとってもうれしいことです。細かな改善はできることからどんどんやっていきたいと思っています。

使い勝手を高めるために、アプリのリニューアル前後で、ユーザーの方へインタビューを実施しました。ストーリー性のある操作を依頼して、マジックミラー越しにその方がどのように操作するのかを観察し、改善点を探すのです。今後も大幅なアップデートをした際にはやっていこうと考えています。

政府の後押しもあり、世の中のキャッシュレスへの関心も急速に高まってきていることは実感していました。その中で三井住友カードでは、キャッシュレスに対する姿勢や考えをお客さまにお伝えしていくことが大切だと考え「Have a good Cashless.」のメッセージを掲げ、各種プロモーションを実施しています。お客さまに当社に興味を持っていただき、当社のカードを使っていただければ大変うれしく思います。そしてお客さまのより充実したキャッシュレスライフの実現のために充実したアプリを提供する、これがわれわれスタッフの思いです。今後はキャッシュレスのプロジェクトを更に全方位的に進めていければと考えています。

Sumitomo Mitsui Card case study interview for MT LINK

経営ビジョン

三井住友カードでは、決済を始めとする
さまざまな生活シーンにおいて、
お客さまの「感動」を創造します。

お客さまに寄り添い、常に先進的な取り組みを通じて、
皆さまに「心地よい瞬間」をお届けする、
そんな企業でありたいと考えています。              

三井住友カード株式会社

Share this article

Moneytree LINK のお問い合わせMoneytree LINK概要資料